新型コロナウィルスの流行によってこれまで経験したことのない状況で、これまでとは違う形の生活を送っています。犬のしつけの真価は、普段と違う状況になった際に問われます。家族しか触れない、自宅以外ではトイレも出来ないでは困ります。 | 新型コロナウィルスと犬のしつけ

わんこの学校 ドッグベースキャンプ

045-903-1334

お問い合わせ

新型コロナウィルスと犬のしつけ

2020/05/24

ケージの中でおとなしい犬

現在私たちは新型コロナウィルスの流行によってこれまで経験したことのない状況で、これまでとは違う形の生活を送っています。

地震や台風などの自然災害によってこれまでとは違う生活(避難生活等)をしなければならないということは想定していましたが、今回のようなケースは初めてです。

もし自分や家族が新型コロナウィルスに感染してしまった場合、隔離生活をしなければならなくなります。そのような状況になってしまった場合、子供はもちろんですが、ペットもどうするかということを考えておかなければなりません。

もし飼い主さんがコロナウィルスに感染してペットを一時的に誰かに預かってもらうとすると、単に預けるだけでは済まず、他の人に感染させないための対策をしなければなりません。

そうなると、
・トイレがきちんと出来る
・クレートに大人しく入れる
という基本のしつけはもちろんです。

それ以外にも、
・シャンプーをおとなしくすることが出来る
・他人が体を拭いたりしても嫌がらない
など、さらに細かいしつけが必要になります。

犬のしつけの真価は、普段と違う状況になった際に問われます。家族しか触れない、自宅以外ではトイレも静かに待機することも出来ないという状態では、非常事態が起こった時に困ってしまいます。

東京都獣医師会のホームページにはコロナ禍においてのペット対策について詳しく載っているので、ペットを飼っている方は一度見て事前の準備をしておきましょう。

参考サイト:東京都獣医師会
https://www.tvma.or.jp/public/2020/04/post-76.html

コメントをどうぞ


お知らせ
スタッフブログ