新型コロナウィルスの流行によってこれまで経験したことのない状況で、これまでとは違う形の生活を送っています。犬のしつけの真価は、普段と違う状況になった際に問われます。家族しか触れない、自宅以外ではトイレも出来ないでは困ります。 | スタッフブログ

わんこの学校 ドッグベースキャンプ

045-903-1334

お問い合わせ

新型コロナウィルスと犬のしつけ

2020/05/24

ケージの中でおとなしい犬

現在私たちは新型コロナウィルスの流行によってこれまで経験したことのない状況で、これまでとは違う形の生活を送っています。

地震や台風などの自然災害によってこれまでとは違う生活(避難生活等)をしなければならないということは想定していましたが、今回のようなケースは初めてです。

(さらに…)

トイレのしつけは褒めること☆

2020/03/20


しつけの依頼で最も多い相談内容はトイレの問題についてです。

子犬を飼ってまず直面するのがトイレのしつけですが、実はトイレのしつけはさほど難しくありません。

都筑区に住んでいる生後2か月のきなこ君(トイプードル)の飼い主さんからの相談も、まず何よりトイレを失敗してしまい困っているので何とかしたいという内容でした。

飼い始めて間もないきなこ君。

サークルの中では失敗なくトイレトレーで排泄はするものの、サークルから出してしまうとトイレに戻らず失敗してしまうという状態でした。

しかし初回のレッスンでトイレの教え方についてアドバイスしたところ、2回目のレッスンではすっかり失敗はなくなり、自らトイレに戻ってするようにまでなっていました。

トイレの教え方を知ってしまえば、子犬であればあっという間に覚えてしまうのです。

ではどうしたら良いのか?

それは「失敗を叱るのではなく、成功を褒めること」です。 多くの飼い主さんはトイレの失敗を叱って教えようとしますが、失敗してしまった後にいくら叱っても人間の言葉の通じない犬には全く意味が分かりません。

それよりもトイレの失敗を防いで成功を褒める方が理解しやすく、早く覚えます。

トイレは愛犬の問題ではなく飼い主さんの教え方の問題です。

子犬を飼ってなかなかトイレのしつけが上手く行かない場合は、失敗をさせないことを一番の目標にして、成功したらおやつをあげてよ~く褒めるようにしてみてください。 そうすればどんどん成功率が上がってくるはずです。

ドッグトレーナー A.O

好きな事と苦手な事の犬のしつけは?

2020/01/23


青葉区に住んでいるミニチュア・シュナウザーの5ヶ月のジジ君。

少し警戒心が強く、怖いと感じたり苦手だと感じると暴れて抵抗してしまいます。

今困っていることは、散歩の際のハーネスを着けるのを嫌がること。ハーネスは首輪に比べて着ける際の動作が多いため嫌がる犬は多く、ジジ君も大の苦手。ハーネスを着けようとすると暴れて手を噛んできて、それを抑えながら装着するのに一苦労してしまいます。

レッスンでも抱っこの状態で着けてみたり、好きなクッキーを食べさせながら着けてみたりといろいろ試してみましたが、なかなかスムーズに着けることは出来ませんでした。

最後にジジ君が“大好きな”ガムがあったので、それを噛ませながら着けてみたらあっさり装着に成功!☆ このようにある食べ物では上手く行かなくても、違う食べ物、より好きな食べ物を使うと上手く行くということがあります。もちろん食べ物に限らずおもちゃや遊びでも良いです。

つまり「大好きな食べ物・おもちゃ・行動>苦手な事」となるようにすれば良いのです。

もし苦手なことがある場合は決して無理にやらず、苦手な事以上に夢中になる食べ物などを見つけて無理なく出来るようにしましょう。

多頭飼いで良い犬同士の関係をつくる

2019/11/23

しつけレッスンの依頼の中で、多頭飼いを始めて犬同士の関係を上手に築きたいというケースもあります。

座間市に住んでいる柴犬のマルちゃん(1歳)とコロ君(4ヶ月)も、遊ばせるとすぐエキサイトしてケンカのようになってしまうため、何とか仲良く過ごせるようにしたいとレッスンを始めました。

多頭飼いでは、飼い主さんが犬同士の間に入って仲を取り持ってあげる必要があります。
(さらに…)

避難に備える犬のしつけ

2019/09/18

台風15号では
千葉に住んでいる
私の親族も被害を受けました。

親族の家ではトイプードル(ノア君)
を飼っています。

停電が続いているため
とりあえず犬だけ
私が横浜で預かることになりました。
(さらに…)


お知らせ
スタッフブログ