気温が37℃を超えると人間の熱中症が発症する可能性が高くなるのですが犬のことを考えた場合そのリスクはさらに高くなります。真夏の暑さは愛犬の命に関わります。散歩の際はアスファルトの熱さに気を付ける。留守番中の停電対策を考える。気温よりも湿度を下げる。といった対策をすること事に気つけましょう。| 愛犬への真夏対策

わんこの学校 ドッグベースキャンプ

045-903-1334

お問い合わせ

愛犬への真夏対策

2018/07/20

今年の関東甲信越地方は
観測史上最速で梅雨があけました。

そして今年の夏はスーパー猛暑日
が多くなりそうです。

この「スーパー猛暑日」とは
ここ数年で使われるようになった
メディア用語で
主に気温が37℃を超える状態。

気温が37℃を超えると
人間の熱中症が発症する可能性が
高くなるのですが

犬のことを考えた場合
そのリスクはさらに高くなります。

人もそうですが
真夏の暑さは愛犬の命に関わります。

今回は真夏の注意点を
いくつか紹介します。

【散歩の際はアスファルトの
 熱さに気を付ける】

私たちは靴を履いているので
気づきにくいですが
真夏のアスファルトはかなり熱いです。

靴を履いていない犬たちは
肉球を火傷してしまします。

病院に連れて行くことがないように
散歩に行く際はアスファルトを
触って熱さを確認してください。

また日が落ちても
アスファルトの温度は
すぐには下がらないので

低い位置を歩いている犬は
相当暑いです。

夜に散歩に出る際も
足元の暑さを気にしてあげてください。

【留守番中の停電対策を考える】

真夏にお仕事などで長時間留守番
をさせなければならない場合
一番怖いのが停電です。

エアコンをつけて出かけたとしても
停電で一度電源が落ちてしまうと
電気が復旧してもエアコンの
スイッチは基本的に戻りません。

長時間の留守番をさせるご家庭は
最近身近になりつつある
IoT(Internet of Things)の
力を借りて

外出先からでも
エアコンの操作が出来るように
しておくと良いです。

先日もレッスンを受けている方が
eRemote(イーリモート)
というものを利用している
とおっしゃっていました。

【気温よりも湿度を下げる】

気温が比較的低くても
湿度が高いと犬はハアハアします。

エアコンを使う場合は
室温設定を下げるより
ドライ機能を利用して
湿度を下げる方が犬は楽になります。

ちなみに湿度を下げると
人も快適に過ごせます。

対策を取れば
熱中症や肉球の火傷は防げますので
十分気を付けてあげてください。

もし万が一
散歩後等にぐったりするなど
熱中症の疑いがあれば

即病院に連れて行ってくださいね☆

コメントをどうぞ


お知らせ
スタッフブログ