子犬を迎えてどうしつけて良いのかどう接してよいのか分からずお問い合わせいただくことが多いです。いざ子犬を迎えて多くの飼い主さんが初に直面する問題が「トイレ」。詳しく事情を聞いてみるとサークル(ケージ)の中では失敗をしないけれどもサークルから出すと失敗してしまうというケースがほとんど。 | 子犬が直面するトイレのしつけ

わんこの学校 ドッグベースキャンプ

045-903-1334

お問い合わせ

子犬が直面するトイレのしつけ

2018/05/19

ドッグベースキャンプの
しつけレッスンを受けている犬の
9割以上はパピーです。

子犬を迎えて
どうしつけて良いのか
どう接してよいのか分からず
お問い合わせいただくことが多いです。

いざ子犬を迎えて
多くの飼い主さんが
初に直面する問題が「トイレ」。

詳しく事情を聞いてみると
サークル(ケージ)の中では
失敗をしないけれども
サークルから出すと
失敗してしまうというケースがほとんど。

先日初めてレッスンに来た
宮前区に住んでいる
生後3ヶ月半のみーるちゃん
(キャバリアXペキニーズ)
もそうでした。

ではなぜそのような状態に
なるのでしょうか?

犬は基本的に染み込む場所で
排泄をしたがります。

例えば室内であれば
フローリングよりも
絨毯・キッチンマット・玄関マット・
バスマットなどで排泄をしたがり
屋外であればアスファルトよりも
土の所でしたがります。

サークル内では
通常ベッドとトイレしか
置いていないので間違い難いのですが

サークルから出した途端に
敷物類がたくさんあるので
トイレと勘違いをし
失敗をしてしまうのです。

そして
失敗をしてしまった後に
いくら叱ったとしても
犬は「場所」を間違えたから
「叱られた」とは受け止めません。

本などでもよく書いてありますが
排泄自体を叱られたと
勘違いをしてしまいます。

とにかく
失敗をさせないようにして
成功を褒める
これがトイレトレーニングのコツです。

なので
トイレと勘違いしそうなものは
出来るだけ置かないようにする
排泄のタイミングを把握して
しそうな時間になったらサークルに戻す
犬をフリーにしたまま部屋を離れない
などの対処が重要です。

叱ったからトイレを覚える訳
ではありません。

成功を褒めるから覚えるのです。

失敗をさせないためには
どうしたら良いか?

ということを考えて対処をすれば
子犬であればあっという間に
覚えてしまいます。

みーるちゃんも
初回のレッスンでしたが
失敗しないように
目を離さず排泄のタイミングを
見計らってトイレに連れて行ったら
ちゃんと2回成功しました!

失敗をゼロにする
(=成功が100パーセント)
これを目標にトイレトレーニングを
行ってみましょう♪

コメントをどうぞ


お知らせ
スタッフブログ