犬の社会性をみがくためにはそういったいろいろな場面や状況でも適切な判断をしながら行動できるようになるしつけのトレーニングが大切です。| 犬の社会性を磨くしつけ

わんこの学校 ドッグベースキャンプ

045-903-1334

お問い合わせ

犬の社会性を磨くしつけ

2015/10/20

hanna-1

青葉区に暮らす
6ヶ月のビジョンフリーゼ
ハンナちゃんはおりこうさんな女の子。

お家では18才ダルメシアン
13才のM・プードル
そして優しいご家族のみなさんと
仲良く暮らしています。

より社会性を高めようと
今は3クール目のしつけコースを
お母さんと受けています
ときどきお姉さんもご一緒します。

1クール目を始めたのが
ちょうど生後3ヶ月
そこで社会化の基本を学びました。

子犬の成犬化スピードは想像以上に
早いものです。
脳は3~5ヶ月で成犬なみに発達すると
いわれています。

散歩にでかければイロイロな格好をした人
が歩っていたり寄ってきたりします。

元気に飛びかかりながら
あいさつしてくるワンちゃんもいれば
引っ込み思案な犬とも出会います。

車も走っていればスピーカーからは
さまざまな音が飛びかいます。

救急車やパトカーもサイレンを鳴らして
走り去るときもあります。

家にいても宅急便屋さんや
お客さんがきてピンポーンと
突然チャイムがなります。

社会性をみがくためには
そういったいろいろな場面や状況でも
適切な判断をしながら行動できる
ようになるトレーニングが大切です。

ハンナちゃんは
トレニーング中に他の人がドアを開けて
入ってきても動じずトレーニングに
集中しています。

ガラスのむこうでデイケアに来ている
おじいちゃん犬が吠えてもへっちゃら。

状況判断がすばらしいんです☆

高い社会性をそなえることで
なにより本人が楽しく暮らせます。

ハンナちゃんは今日も嬉しそうに
トレーニングにはげんでいます♪

コメントをどうぞ


お知らせ
スタッフブログ